TOPICS

新HP 移行中 http://organicdesign.co.jp/

FB page : Organic Design Inc 

FB page : Shared-Office & Co working space 川岸倉庫

その他の雑誌掲載はこちら

2016年4月18日月曜日

災害に対する備え

備えること。
現在も続いている熊本地震では、甚大な被害が発生しています。亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

私が学生だった時に阪神大震災でボランティアに行き、給水(中水)を4tトラックで給水して、荒れ果ててしまった街を縦横していたことを思い出します。
その時の経験や、仙台3.11(地震+津波)などを目の当たりにして、今回の熊本地震では似ている部分もあれば、地形そのものが崩れるような今回の場合では、そうぞうもつかない破壊力を感じました。

日ごろからできる「備え」をしたいですね。
・地震が頻発したら、最上階で寝ること。(1階部分は根本なので座屈破壊しやすいです。)
・避難のための備蓄食料やテント・毛布等・自転車等を持っておく。
・家族で安否確認の方法を話し合っておく。
・日ごろから耐震を意識し改修するなど。瓦など、屋根に重いものは地震には弱いです。
それ以外にも、http://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html


現在の日本の建築では、
■建築基準法で求めている耐震性「耐震等級1」で規定している耐震性とは
 『倒壊に対しては、極めて稀に発生する地震(数百年に一度程度の頻度―東京を想定した場合、気象庁の震度階で震度6強から7程度(300gal400gal)に対して倒壊、崩壊しない。 そして、建物が損傷を受ける程度を、稀に(数十年に一度程度)発生するの地震による力(東京を想定したときの震度5強程度80gal100gal)に対して損傷を生じない程度 』(国交省、性能表示制度の解説より引用)
「等級1」が、建築基準法で求めている耐震性と同等。
「等級2」が、建築基準法で求めている耐震性の1.25倍。
「等級3」が、建築基準法で求めている耐震性の1.5倍。
ということです。
つまり、等級1で確認申請を認めています。
上記震度で辛うじて人の生命を守る為の法律で、震度7以上が来れば、家が破壊・倒壊されるということです。自然力学でいれば、この破壊されることでエネルギーを吸収しています。
その為、破壊されたら、その後修繕しなければ元の耐力は期待できません。
また、震度7以上が来れば倒壊の恐れありということも読んで取れます。
ただしこれ以上法律を規制すると、建築コストの上昇や予期せぬ地震のために全地域に規制法律を出すことが現実的ではないという判断であり、あとは個人の判断により耐震性を上げるとういう流れなのだと思います。

人が一生で起こることか、否かわからないためだと思います。

家族の安全を守る為にも、よく話し合って備えることを考えたいですね。

Organic Design Inc 熊木英雄

2016年4月4日月曜日

ヨーロッパ各建築家からの異例の追悼を受けるザハハディド

ヨーロッパでのザハハディドへの追悼のリフレイン

イギリスの建築家ザハハディド(Zaha Hadid)の話をしたい。
ザハが先日逝去して、ヨーロッパを始め世界の建築界がザハの損失(LOSS)に対して異例とも言える追悼している。
今回にように建築家ごとに追悼の声明を出すことは本当に異例だと思います。それほどザハは建築界の中でリスペクトされていた存在だったことが伺えます。
その中でもフォスター卿が異例とも言える声明を自社HPに出してます。


フォスターが建築家として、今までもグローバルな建築家としてザハハディドに敬意を払っていたこと。フォスター自身の誕生日会に数少ない建築家の友達としてザハハディドが親友として呼ばれて交流を持っていたことや、昨今の批判を示していると思われる、彼女の彫刻的なアプローチの結果が批判家たちをも動揺させるくらいの勝利であると言っており、彼女の偉大な勇気、そして信念と粘り強さに敬服していることが記されている。

ここまでノーマンフォスター卿が書くのは、異例だし、フォスターにこう書かれるザハはやっぱり凄いと改めて思いました。

ちなみに私が居たFUTURESYSTEMSのボスのJAN(ヤン)がなくなったときはフォスター事務所として声明は出ていません。(Janはフォスター事務所で香港上海ビルの担当者でもあった)普通、建築家が亡くなったときに、ここまで大々的に声明はでません。
今回のフォスターの手記ともいえるこの声明は、彼女に対する畏敬の念と世界的な建築界の損失を伺えると思いました。
フォスターからそう言われるほどの建築家であったということです。
日本ではあまり彼女の死がリフレインされていないですよね。新国立競技場の影響でしょうか?
他にも、
蘭の建築家・レムコールハースは、Webにて
「美しさと強さの組み合わせ」としてハディドを説明し、彼女の建築は「信じられないほど寛大で、信じられないほど面白い」と記載しています。
彼女の建築は本当に巨大で楽しかったと彼は言いました。「明らかノーマルではないが、それは彼女が私たちの生活のすべて喜びの面を齎すためにおこなった。非常に多くの人々は彼女の貢献と建築を愛していたために深く動揺している。「彼女は基本的にはファミリーだった」と彼は付け加えました。(Dezeen
仏の建築家・ジャンヌーベルは、ザハハディドのことを「計り知れない建築家」と評しています。
ザハ事務所OBのパトリック・シューマッハは彼の落胆と、感謝の言葉も大変深いものを感じます。(designboom)

それ以外にもダニエルリベスキンド、MVRDV、リチャードロジャース、スティーブンホール、ピータークック、アマンダリベットが、声明を出しているようです。


2016年3月31日木曜日

戸田市の魅力・発展を考える2016

戸田公園の魅力・発展 2016 Spring

戸田市の良さを考えたときに、市民の多くの人がその一つに「戸田ボードコース」を挙げると思います。私もその一人です。現在でも時々散歩している場所です。
そして、散歩しているときに都度思うことあります。

1964年オリンピック開催後に作られた公園が、ほぼそのままの形で今日まで来ているように私には思えます。ちなみに私が小学生の時にここで小学校の写生大会がありました。そのときと何も変わっていない?(笑)
でも、本当は人が憩える仕組みをつくれば、もっともっと沢山の人達がここに訪れると思うのです。
楽しいベンチがあったり、コーヒーが飲めるショップやサンドイッチ屋やステージなどがあったり、日曜日のパパ・ママ家族のアクティビティーをここに引き起こしたり、気持ちが良いときはここに来たいと思わせる大人の外部空間を作ったりすることで、人々はもっとここに足を運ぶと思います。
それは、この場所が水辺ですがすがしく、気持ちいい場所であるからです。

土手に上がれば時には富士山も伺え、寝そべることもでき、また、学生・社会人ボートが一生懸命競っている姿を見るのも楽しいものです。
戸田市の観光PRにもなります。リバーサイドな洒落た雰囲気をもっと出せると思います。

こういったすでに楽しいことができる場所であるのに、現在人が集まっていないのは、ひとえに、そこを「昔のまま」にしているからだと私は思います。
もっと、潜在している環境資源を有効に使いませんか?
つまり、もっとこの公園を素敵に使いませんか?

少し前に関係者にここが開発できないのはどうしてなのですか?
と尋ねたところ、関係職員から、
「ここは戸田市の管轄ではなく、埼玉県なんですよ、だから、戸田市がやりたくても変えられないのです」
とその方は答えていました。いろいろ事情はあると思います。

でも、以前のオリンピックが終わって以降、ほぼほぼそのままの形(多少の遊具はありますが)で、今を迎えることに私は違和感を覚えます。

地域資源が県のものなのか?誰のものなのか?戸田公園近隣に住んでいる人たちの憩いの場をずーと見て見ぬふりしていることが果たして今後の将来の子孫や戸田市に住む方の将来の為なのでしょうか?

この戸田公園のエリアの有効利用がもっと早くできていれば、もっと良かったでしょう。戸田市に移り住もうと思う人もさらに増えるでしょうし、魅力になる一つです。

それは、埼玉県にも戸田市にとっても重大なメリットではないでしょうか。
そういう意味でも、僭越ではありますが市や県の関係者は、なにもしないでそのままでいることの閉塞を意識したほうが良いと思います。というか、やりましょう!切り開きましょう。
Organic Design Inc 熊木英雄


爽やな雰囲気の戸田ボートコース


















30年前とほぼ変わらない、観覧ベンチ


















地名にもなっているのに、ちょっと寂しい戸田公園 


















そのままにしてきた結果(昔のまま


















折角の環境資源が70年代とほぼほぼ変わらずの公園


















過去の遺跡 聖火台。モダンに保存できないものか。
でも、このエリアは気持ち良いので人々が利用している。


















桜だってこんなに綺麗。こんな素敵な環境資源がある。


















もっと人が集まる仕組みを作れば、地域人が楽しめる。




みんなここでお花見など楽しんでいる。
















ここまで地域の人の足を運ばせるには、包括的な戸田公園の魅力的な整備・開発が必要。

















もっと戸田市の良いところを現代にアレンジすることで、私たちも楽しみたいし、地域の魅力になると良いですよね。

2015年12月21日月曜日

株式会社オーガニックデザインでは、建築設計者を募集しております。
募集内容は 日本仕事百貨 に掲載されています。
また、川岸倉庫共同企業体も 川岸倉庫コワーキングスペースのアルバイトも募集しております。
こちらも日本仕事百貨に掲載されています。
仕事百貨さまを介してご応募くださいませ。何卒宜しくお願いします。

Organic Design Inc.

2015年12月5日土曜日

ロンドンからLassa Architectsによる最新のアーキテクチャーレクチャー

イベントは私がロンドンで働いていた時の同僚が東京に約8年ぶりに遊びに来て、再会しました。
彼の名前はTHEO.SフューチャーシステムズロンドンアシンプトートNYで活躍し、現在はロンドンでLASSA architectsという設計事務所を主宰しています。
彼はAAスクール※の教授でデュプロマ17という研究室を保持していて生徒を引き連れてやってきてくれました。彼とはフューチャーシステムズのときの同僚でいろいろプロジェクトについて話し合った仲でした
今回は川岸倉庫のスペースでロンドンで活躍するLassaの近作とAAの方々とディスカッションを行いました。ディスカッテョンの後は皆、英語で交流を図り刺激的な一日でした。











※AAスクールとは、英国王立建築家協会と英国建築家登録審議会にディプロマとして認められている大学および大学院コースであるため、日本語訳では、英国建築協会付属建築専門大学などとも称される。また、1847年の設立以来、150年の長きにわたり最先端のデザインを追求し続けている。そして同校は、これまでに世界の建築界をリードする数多くの著名な建築家を世に輩出している。(Wikipediaより)


2015年11月10日火曜日

12/02(Wed) 18:00-ロンドンから最新の建築スライドレクチャー&懇親会 by Lassa architects from London


































皆さま、12/02 18:00-ロンドンから来日する建築家による建築スライドレクチャー&懇親会を行います。
ゲストはTheo.S(テオ)率いる LASSA Architects Londonです。

LASSA ArchitectsとはFUTURESYSTEMS UKとASYMPTOTE NYにて重要な役割を担ったディレクターTHEO.Sが主宰するユニットです。現在、ロンドンのAA スクールにおいても教鞭を執っています。私が働いてきた中でも最もクリエイティブなアーキテクトの一人。彼の才能を垣間見れるチャンスです。

最新の建築の考え方や映像を通して、エキサイティングなスライド会になりそうです。
Theo は私とFUTURESYSTEMSに在籍していた時の同僚です。とても才能豊かな建築家で、考え方、ドローイングなど、大変刺激を受けた一人であります。世界にはこんなにすごい個人がいるんだと思った記憶があります。
そんな彼と10年を超えて再会でき感激です。ちょっとだけ弊社のスライドも最後に付け加えて、共通するものなどを話します。

川岸倉庫コワーキングスペースでレクチャーとケータリングパーティーという形ですので
是非、クリエイティブな時間を楽しんでいってください。

尚、事前予約をお願いしたいと思います。場所はLocalな戸田公園です。ご足労おかけします。
当日は英語でのレクチャーになります。質問も恐縮ですが英語でお願いします。
FBページをご覧ください。
詳しくは、上記チラシをご覧ください。

I will announce the modifying about my appropriate project experience at Futuresystems below, 
Hideo Kumaki I Organic Design Inc. 
Hideo Kumaki worked at Rikuo Nishimori Architect Office inTokyo and later moved to Europe where he collaborated with Foster and Partners and Future Systems in London. Hideo had working on the Academy Project mostly at Future Systems. , At the same time ,Hideo Kumaki and Theo Lalis discussed ideas and think together on a number of projects during that period. Mr Kumaki's experience in London lasted 5 years until he returned to Japan to establish his own office in 2009. Some of his current work is influenced by the organic forms of Future Systems. He recently relocated his office in the greater Tokyo area. He is the founder of the co-working and events space ‘’Kawagishiwarehouse’’, where he is dedicated to supporting young creative entrepreneurs and startups in the locality of Toda Koen area.
In a word, During working on the project, Mainly I was working on ''Academy Project Team'', at Future systems.
That’s the point to be added.
Thank you, 
Hideo Kumaki
02/Dec 2015

Organic Design Inc . 代表 熊木英雄